出会い系サイトの巨人PCMAXの地位は揺るがない

今回は出会い系サイト界の巨人PCMAXが常に王座に君臨し続ける理由について考察して参ります。

【運営母体の健全性】
ご存知な方も多いかもしれませんが、PCMAXの運営母体企業は全国展開しているテレホンクラブであるリンリンハウスと同一企業なのであります。
資本力が大きく、安定的な収益を上げている企業が業界の中でリーディングカンパニーになることは、どの世界でも共通です。
この運営母体がガラス張りで透明性があるということは利用者にとっても、安心して利用できるポイントとなります。

【持っているノウハウの高さ】
前途しましたようにPCMAXの運営母体はリンリンハウスも運営しております。
出会い系サイトが世に出るよりも、随分と以前から男女の出会いを繋いできた。ということです。
かつての、テレホンクラブと言いますのは、女性からの電話はカウンターを通さず直接利用者の男性に繋がっていました。
これは、現在の、システムよりも多くのトラブルを生んだことと思います。
この、テレホンクラブ時代に蓄積されてきたノウハウが出会いサイトの運営にも活かされており、男女の出会いはトラブルが起こってから対処するのではなく、トラブルを未然に防ぎ、双方の自由恋愛を促しているシステムにも注目できます。

【女性誌への掲載率の高さ】
優良出会い系サイトの指標となる広告掲載の高さについてですが、PCMAXは女性誌への掲載が圧倒的に多いです。
男性誌に掲載しても、男性は自然と集まるものです。大切なのは、いかに男性が満足するだけの多くの女性を集めることができるかに比重を置いているかです。
そして、女性誌に掲載を許される。という側面から見てもPCMAXがいかに真っ当な出会い系サイトが伺い知れます。

【WEBサイト・スマホアプリへの対応】
初心者から上級者まで幅広い利用者を捉えて離さないPCMAXの強みは、いち早くWEBサイトで出会い系サイトを立ち上げそしてSEO検索がスマホでの検索に切り替わる随分と以前からスマホサイトの構築にも力を入れていました。
そしてスマホが普及し始めると、スマホアプリにも力を入れ、それぞれ全てのツールを補完を可能にしたことで、WEBサイトのみ、逆にアプリのみの出会い系サイトには実現できないリーチの広さを実現しているのであります。
今とのなっては当然のことですが、スマホが普及し始めた時、誰もこんな携帯は使わないと考えていたと思います。
常に時代の先を見据え、先行投資を辞めない姿勢がPCMAXの優位性を強固なものにしていると言えます。

(まとめ)
後発の出会い系サイトは数多ありますが、やはりPCMAXの盤石さは揺るぎません。
初心者が出会い系をつかうのであれば、まずPCMAXと言われるのも頷けます。
単純に男女に出会いの場を提供するだけであれば、他の競合他社に追い越されていたかもしれません。
生き馬の目を抜くような出会い系サイト業界で常にトップを走り続けるPCMAXの先見の明こそ、他の業界で競合と凌ぎを
削っている企業が学ぶべき視点があるのではないでしょうか?今後もPCMAXを脅かす出会い系サイトは現れないことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です