PCMAXに潜む闇から見る日本復興への道

どの出会い系サイトにも言えることですが、登録している女性の中には必ずと言って良いほど援助を求めてくる女性がいます。

日本最大級の登録者数を誇るPCMAXでも確率論的に多くの援助を求める女性が登録していると言えます。
これはサイト運営業者に責任があるのではなく、援助を求め暗躍している女性に責任があることを前以て述べておきます。

日本国において売春行為は違法でありますが、一部ソープランドなどは入浴行為の補助をしてもらっているだけであり浴室中での行為は自由恋愛であるということであり、グレーゾーンとは言え法律に抵触しているとは言えません。
しかしながら、出会い系サイトで援助を求める魑魅魍魎たちは違法であります。

【国が管理できない収入】
ここで問題となるのが税金の問題です。
風俗関係にお勤めの皆様はこれまで無収入で申請されていた方も多いかと思いますが、マイナンバー制度開始により何らかの支障を来してきている可能性があります。国が規制を強めたことで税金逃れのために、これまでのグレーゾーンが
さらにアンダーグランドに潜ってしまい、より管理できない収入が増える可能性が懸念されます。

私の推察が含まれていることが大前提で、風俗関係にお勤めの皆様が全員そうだ。とは申し上げられませんが一部税金を逃れるため、収入源の一部を出会い系サイトでの売春行為に切り替えてくる方がいることも推察されます。

【地上へ引き上げること】
これは、国が管理する財源を税金として搾取するという本来の目的を達成できないどころか、風俗関係に従事している方々にも打撃を与えてしまう可能性も秘めています。これまでお店で勤務されていた嬢が、出会い系サイトへシフトしてしまっては貴重な人材の流出に繋がってしまい延いては風俗関係のお店の財源確保にも苦慮してしまうということに繋がります。

さらには競争激化により止むを得ずお客様へ法外な料金を請求してしまう。ということにも成り兼ねません。
国、風俗関係従事の方々、お客様、3者全ての観点から良い方向には進まない。という結論に至ってしまいます。
これを防ぐためには、売春行為を地上に引き上げ国が管理し、一部欧州国家で行われている「SEX税」として搾取するという
方法が必要となります。
事実、オランダ、ドイツ、ハンガリーでは売春婦は職業として認められ、失業手当も支給されているようです。

【出会い系サイトのリーディングカンパニーだからこそできること】
このように税金から逃れるために違法行為とは言え、止むを得ず出会い系サイトで援助を求める女性達にも一言では表し難い事情があるかもしれません。
これを汲み、取り地上に引き上げることで性を仕事にしている女性の地位向上に繋げることはできないでしょうか。

昨今はやりのクラウドサービスのように、女性と男性を結びつけサービスが行われた場合にサービス料を女性へ支払うというシステムが実現すれば源泉徴収税額がガラス張りとなると考えられます。

国家の政策転換が必要な内容が含まれてはおりますが、国家としても税金搾取を可能とし、男女の出会いを長らく支え続けてきたPCMAXだからこそ実現できるノウハウがあると考えております。

(まとめ)
売春行為は違法であり男性は女性を買ってはいけません。しかし、そこに眠る闇を白昼の元に晒すことで見えてくる財源もあるのと考えております。もし、日本国で売春が合法化された際は、PCMAXがこれまでのノウハウを駆使し一層盤石な地位を築いていくことになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です