OJTはPCMAXでも有効であるということ

まず、OJTとは「On-the-Job Training」の略であり職場内で行われる実務を通じたトレーニングであります。
つまりトレーニングであり、本番ではありません。上司や先輩社員が横について事務作業や得意先への訪問に付いて手取り足取り教えてくれるというものです。

サラリーマンとして会社に所属した経験のある方であれば一度はお聞きになったことがあるOJTですが今回はPCMAX初心者には、このOJTも必要であるということについて論述して参ります。

【OJTの必要性】
企業で勤務しているサラリーマンでさえ、OJTが実施され実務を経験者から学んでいます。
これは下記の2つの側面があります。
・未経験者の取り返しがつかない失敗により取引先や社内に多大な迷惑を掛けけることを未然に防ぐ側面。
・未経験者を1人前に育て企業に収益をもたらすことができる人材に育成するという先行投資の側面。
ここではOJTの必要性について述べましたがPCMAXではどのような形態でOJTが実施できるのでしょうか?

【出会い方は1対1でなくとも良いという事実】
初心者が陥りがちな決定的な落とし穴ですが、PCMAXを利用する際に1対1で出会わなければいけないと思い込んでいます。
これは、初心者自身のスキル向上と独自の手法構築という側面から見ると有効な方法ではありますが、荒療治的な危険性を持っており、突然現れる本番に備える準備ができていないまま、手ブラで戦場に飛び込むようなものであります。

本番とは、自分の好みの女性が現れたことを指し、どうしても落としたい女性を易々と逃してしまうことです。
これを防ぐためには一定の経験、つまりOJTを積んで戦場へ向かう必要があり、このOJTを行うためには先人の知恵を必要とします。


 

つまり、既にPCMAXの経験者である友人・知人、果ては同僚でも結構ですので、出会いの場に同行させてもらいファーストインプレッションの受け答えや、SEXへのクロージングテクニックを肌で体感するということです。
これを実現するには、経験者に実った稲穂のように頭を垂れ合コン形式のような形で2対2などで出会いの場をセッティングしてもらうということになります。

【PCMAX経験者が得られる効用】
上記ではPCMAX未経験者からの側面で先人の知恵を得る必要があることを述べて参りましたが、経験者側がOJTを実施するにあたり得られる効用について述べて参ります。
・複数で出会いの場をセッティングできるということ
これは、出会い系を利用している女性が抱えている「1人で知らない男性に会うのはちょっと」という抵抗感を引き下げる効用があります。これまで、1人で会うことに抵抗感のなかった女性にしかリーチできなかったPCMAX経験者男性にとっても新たな女性へのリーチを可能にすることで出会い系の新たな境地を切り開くことができます。
・未経験者が初心者としてPCMAXに登録する際の紹介者になれるということ
出会いの場をセッティングし、導入部分からクロージングまで見せることで未経験者は必ず女性との出会いを求めるようになります。つまり経験者から学んだことを1人で実践するようになります。当初は全て経験者の模倣となることが予想されますので、利用しているツールも同じものを使用することになります。

つまり、PCMAXを利用するということになり経験者は未経験者を紹介するということで紹介料が付与されます。
この紹介料を求め巷では迷惑なサクラが出会い系サイト内を跋扈しているのでありますが、合法な形でサクラを行うことができます。PCMAX、紹介者、被紹介者全てにおいて利害関係が一致した「三方良し」という状態です。

【未経験者が育った後には】
これは少し先々の話になりますが、経験者が育てた未経験者がPCMAX内で出会い系サイトを渡り歩くノウハウを身につけると情報交換ができるようになります。経験者とは言え地雷女性や援デリ業者を掴んでしまうこともあるでしょう。
3人寄れば文殊の知恵とはよく言ったもので、1人でPCMAXを利用するよりも自分の育てた男性が得た情報を共有することができれば、より効率よく女性と出会えるようになります。
ただし、穴兄弟になってしまう可能性があるという危険性があることもご承知おきください。

(まとめ)
企業で行われてるOJTとは強ち間違ったシステムではありません。PCMAXを利用し女性と出会えるようになってくると自らが構築したノウハウは他人と共有したくなくなってくるものです。しかしながら後進を育成することで、危険性の高い女性を避け効率的に女性と出会えるということに繋がるでしょう。

未経験者は是非、諸先輩方に教えを請い、経験者は未経験者へご自身のノウハウを伝承していってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です