就活で勝ち残るにはPCMAXをやれ

今回は大卒性の就職環境の改善を受けて、大企業への就職希望者数が増加しております。

これにより、ますます大企業への就職が厳しさの様相を増す中、就職活動で勝利を掴み取るにはPCMAXを潜り抜けることが有効であることについて論述して参ります。

【現在の大卒性の就職活動状況】
・大卒性の有効求人倍率
2015年:求人倍率1.61倍
2016年:求人倍率1.73倍
2017年:求人倍率1.74倍

高い水準が続き、さらに上昇傾向がある。
・大卒性の就職活動開始時期

(2015年卒の場合)
エントリー&企業説明会:3年生の12月〜3月
選考&内定:4年生の4月〜8月

(2016年卒の場合)
エントリー&企業説明会:3年生の3月〜4年生7月
選考&内定:4年生の8月〜9月

(2017年卒の場合)
エントリー&企業説明会:3年生の3月〜4年生の5月
選考&内定:4年生の6月〜9月

【この状況から何を読み取るか】
エントリー&企業説明会短くなり、選考期間が2ヶ月前倒しとなり、一見選考期間が長期化してはおり大卒生にとっては有利に働いていると言えます。しかしながら、大卒生の多くが目指している大手と言われる企業は、選考期間直後に選考が開始されあっという間に選考が終了してしまっています。

有効求人倍率が上昇し維持し続けていることで大企業を目指している大卒生が増加している上に、選考期間が短縮されたことで準備不足により本来のターゲットに向けた「本当のあなた」をアプローチができないということになります。

さらに申し上げると大企業の選考期間短縮により希望している企業へのアプローチさえ許されないということになります。

【スピードと面接力】
上記から現在の就職活動においては「適切な情報を適切な時期に収集し的確に面接官に訴えかける」という力が必要になります。これは、有効求人倍率が低かった就職氷河期と言われる時期においても同様のことが言えたことですが当時は、エントリー&企業説明会の開始時期に制限は設けられておりませんでしたので、やる気にさえなれば就活はいつでも開始できた優位性がありますが、現在はこれらの開始時期に制限が課せられているため、適切な時期にしっかりとした情報収集が必要になります。さらに、短期間に多くの企業へアプローチが必要になるため、当時よりもスピード力が求められると言えます。

【結局はこの男に抱かれて良いと思わせる力こそがモノを言うという事実】
いくら適切な情報を収集したところで、就活生に魅力がなければ企業側は採用してくれません。
学生時代にどんな素晴らしい活動を行っていたとしても、それを魅力的に伝える力がなければ就職を勝ち取ることはできません。
逆の言い方をすると、さほど魅力のない活動であったとしても、伝え方1つで相手の印象を上げることができるということです。

突き詰めていくと自分を企業い売り込み、是非自分をもらってください!という、どこかで聞いたようなアプローチになるのです。
そうです。PCMAXで日常的に行われている女性へのアプローチです。多くの女性が書き込みを行っている掲示板は求人広告です。
そして、そこにメッセージを送信するのはエントリーです。さらに女性と出会うことは面接なのです。

ようやく面接まで辿り着き「この男なら抱かれても良い」という契約を結ぶことと同義ではないでしょうか?
ここで最も重要な要素は、やはり最終的な「面接」だと言えます。PCMAXで出会った女1人抱けない男が希望先に就職したい
だなんて、甚だ滑稽に見えます。

【結局は転職するという事実】
そして、PCMAXで培った面接力を活かし希望の就職先に勤務したとしても理想と現実に大きな隔たりがあり、結局は転職をします。
転職が悪いことではありません。嫌な仕事はすべきではありません。同じ女を抱いていると飽きるものです。
この転職活動を行うにしても、同様にPCMAXで培ったノウハウが活かされ希望の就職先への道標になるのではないでしょうか。

(まとめ)
前途しましたが「PCMAXで出会った女1人抱けない男」が志望企業へのアピールができるとは到底思えません。また、就職後に
職場内での円滑な人間関係や営業マンとして成績を上げ続けることができるはずがありません。
正面切って企業のドアをノックしようとする勇気ある学生はいないものか。と残念に思います。
就職するということだけが目的なのであれば、小手先だけのテクニックでも構いません。
しかし、ご自身の飽くなき欲望に素直に生き、常に真実を追い求める姿こそが、今の日本に必要な人材であると考えます。
是非とも就活生は日本最大の求人広告を有するPCMAXでご自身のアピール力を上げてから面接に臨むことをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です