PCMAXという人生のインターンシップに身を投じることの重要性

今回はPCMAXは人生の縮図であり、そこに身を投じ自分自身の研鑽を積むということの重要性について論述させていただきます。
まず、インターンシップとは「学生に就業体験の機会を提供する制度。実際に企業に赴かせ、一定期間、職場体験をさせる。」
とありますが、ここでは学生だけにフォーカスするわけではありません。

【日本の教育システムの歪み】
日本の教育システムを非常に乱暴に申し上げると、学生時代は金銭を支払いながら「学び技術を習得する立場」から
就職すると突然逆転現象が起き、金銭を得ながら「学び技術を習得する立場」に切り替わります。
そして、これまでは教育機関のクライアントとして重宝されいた学生が、社会に出た途端に突然ベンダーとしての利益追求を
求められます。当然、これに日本の学生は戸惑います。理想と現実の乖離に突然晒されるということです。
正確に申し上げると、微温湯に浸かって思い描いていた理想は、生馬の目を抜く社会に出た途端、とても実現し難いもので
あったことに気付かされるということです。

この突然の逆転現象と理想と現実にどの程度、差異があるかを受け止める機会が余りにも少なすぎるとうことが日本教育システムの歪みでもあります。
欧米を持て囃すわけではありませんが、この隔たりを少なくするという作業は欧米では教育システムに根付いておりインターンシップ制度は100年以上の歴史があり、日本と比べ広く社会に浸透していると言えます。
このインターンシップ体験は大学生に実施されるだけでなく、身近な存在である親の職場見学が小学校で行われたり高校生は夏休みに「サマージョブ」と言われる職場体験ができる機会があります。

【歪みを正してくれる出会い系界の巨人】
前途したように突然突き付けられる理想と現実の乖離に戸惑い、心を病んでしまう若い労働層に出会い系界の巨人PCMAXは早期の段階で人生の縮図を教えてくれます。
容姿端麗な男性は多くの女性を手中に収めることに成功するでしょうし、美しい女性は男性へ高額な金銭を持ち掛けることができるでしょう。その限られた逸材から漏れてしまった多くの人材は自分なりの生き抜く術を見つけ、そして身に付けていかなければ、このPCMAXという厳しい階層社会で夢を追い求めることは困難となります。

【競争社会は既にグローバル化しているという事実】
いつまでも微温湯に浸かって現実を見ようとしない方々はお気付きになっていないかもしれませんが、日本は既に世界から「安い国」として買い叩かれています。名目GDPでは既に中国に2位の座を譲渡し、その差はダブルスコアを食らっている始末です。

さらに1人辺りの名目GDPは世界26位という結果です。
豊かな国、日本は既に終わっていると言っても良いでしょう。
戦わなければ、つまり競争世界に改めて飛び込まなければ、この順位は下落の一途を辿るでしょう。具体的には東南アジアの台頭は著しく、西アジアでも原油や天然ガスを中心とした豊富な資源を元に、既に発展しています。
先々ですが、アフリカでは人口ボーナスを元に豊かになりつつある国もあります。
全て、日本人が知らないだけなのです。

【襟元を正すために】
戦後の焼け野原から、世界の名目GDPを世界2位まで登り詰めた大和民族は非常に優秀であると言えます。潜在能力は高いにも関わらずいつまでも潜在させているのです。競争することを止めてしまい世界情勢に目を向けず「我々は豊かだ」と主張しているのです。
もう1度、世界を震撼させるほどの発展を遂げた日本を取り戻すには襟元を正し、現状自分が置かれている現状に目を向ける
必要があります。改めて申し上げますが、この縮図がPCMAXの中にはあります。
強い男性が多くの女性を抱き、美しい女性が富を得ることができる。そういった連中に打ち勝つためにはご自身をアピールするだけのアドバンテージを研ぎ澄ます必要があります。

(まとめ)
明日、明後日に日本が沈むということは絶対にありません。しかしながら、そう遠くない未来に必ず訪れる日本の陳腐化を防ぐためにも競争することの大切さを思い出していただきたいと思います。
たかが出会い系と高を括るのではなく、多くの競争相手の男性を提供し、自分を値踏みしてくれる多くの女性を供給してくれているPCMAXこそ、歪んだ日本の教育システムでは教えてくれない競争心を教えてくれるインターンシップの場ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です