PCMAXで純愛はできるのか

今回は出会い系サイトの巨人PCMAXで、出会った女性と純愛はできるのか?という問題について考察いたします。

【手法は2つある】
本件においての、手法は大きく分けて3つあります。男性のスキルにより左右される要素が大きく、上級者向けのスキルを
いきなり初心者が使ったところで、無残にも女性に返り討ちに合ってしまうでしょう。
ご自身の現状に則した手法を選択すると同時に、スキル向上にも励みターゲットと出来る女性の幅を広げていただきたいと
思います。

【手法1】
まずは、初心者向けの手法について述べて参ります。これは「そもそも純愛を求めている女性を探し出す」という手法です。
PCMAXにはプロフィールからの検索機能が備えられており「割り切り」などの援助を連想させる出会いを求めている女性を
検索から外し探し出すことができます。
援助を求める女性は、純愛ではなく金銭を求めているのであり需要と供給にミスマッチングが起こってしまっては、男性は
無駄な労力を使うだけではなく精神的にも疲れ果て、2度と出会い系を利用しなくなってしまいます。


1点ポイントを挙げますと「メル友希望」にフォーカスすることは、効果的と言えます。
一先ずは会うつもりがない女性にターゲットを絞ると援助を求める女性を回避できる可能性が飛躍的に高まります。
懸念点としては長い時を要するということです。会うつもりがない女性とリアルに出会うということは、それなりに労力を
必要とする作業です。このため複数のメル友を作り、いずれかの女性の食い付きがあるまで待つ必要があります。
生け簀で多くの魚を育て、時が熟すのを待つというイメージです。
懸念点ばかりで恐縮なのですが、この手の女性は容姿に難がある女性が多いという点にも注意して下さい。
メル友を希望=会うと男性にガッカリさせてしまう。という女性心理があることも頭の片隅に置いておいて下さい。
このため、多くのメル友を確保しておきリスクヘッジをしていきましょう。

【手法2】
次に上級者向けのアプローチ手法となります。これは「援助希望の女性を純愛に落とし込む」という方法です。
高いテクニックが必要とされ、このテクニックは一朝一夕では身に付きませんので、相当な場数をこなしている男性にお勧めとなります。
懸念点というよりも、必須条件になってしまいますが、男性側に容姿の良さが問われます。
元も子もありませんが、人間の印象というのは、ファーストインプレッションで8割以上が、決まってしまうと言われます。


いきなり訪れる最難関事項をいかに乗り越えるかということですが、女性により男性の好みは様々です。どんなイケメンで
あっても女性のツボにはならなければ、これは達成されません。
ターゲット女性が求める最低限ラインに乗るためにも、清潔感ある服装や髪型を心掛けてる必要があると言えます。
また、手法1と同様ですが多くの女性にアプローチが必要になるということは変わりありませんが、何より援助希望の女性を
落とし込むということは大きな達成感を味合うことができます。

【第3の手法】
最後になりますが、私が実際に使っていた第3の手法です。これは、リスキーな一面もありますが、その意外性で、女性が援助ではなく恋愛対象としてみてくれるケースがあります。
それは、初めての出会いの時、お金は支払うが何も求めない。ということです。
よくホストが風俗嬢に使用している手法として都市伝説になっていますが、まさにそれです。
そして、この時に「私はあなたがタイプなので、いきなり体を求められない」とも畳み掛けて下さい。相当腹黒い女性で
なければ2回目援助ではないデートを、取り付けることができますし、お金を受け取らない女性も多いです。


この手法を成功へと後押しするポイントとしては「出会い系を頻繁に使っていない」という嘘を女性に伝える必要もあります。
見栄を張って多くの女性と遊んでいる空気感を出すと、誰にでも同じ手を使っていると見透かされてしまいます。
よって、場数を踏みつつも女性にそれを感じさせず、意外性を持って女性を落とし込むという手法になります。
上手く落とし込んだ時の達成感は上記2つの非ではりません。

(まとめ)
いかがでしたでしょうか?PCMAXを使って純愛相手をさがすということは
それなりの労力を使うことがお分かりいただけたと思いますが、これは出会い系でなくとも同じではないでしょうか?
PCMAXでギャルと出会う方法などを公開されているブログもある通り、PCMAXでは多くの女性を常に供給し続けてくれています。経験値を積むことが出来る場は整っていますので
是非ともお試しいただき、大きな達成感を味わっていただくと同時に、好みの女性を手に入れていただく際の参考にして
いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です