イケメンでなければPCMAXは攻略できないのか

今回は出会い系サイトの永遠のテーマである、イケメンでなければならないのか?という問題について論述して参ります。
 
その中でも出会い系サイトの巨人PCMAXにこそ非イケメンが生き残る道があることを述べさせていただきます。
 
【イケメンこそが有利であるという事実】
まず、全うな結論を申し上げます。PCMAXを含めた出会い系、その他男女の関係が絡む全ての面においてイケメンが有利であり
イケメンこそが世界です。世界はイケメンに支配されていると言っても過言ではありませんし、イケメンを中心に回っています。
 
【逆転の発想ができるか】
上記では、非イケメンの反感を買い出会い系離れを招いてしまうような回答を行いましたが、ここで「多くの女性を抱きたい」
という男としての飽くなき無き欲望を諦めてしまう非イケメンには生き残る道はPCMAXと言えどありません。
この、元も子もない結論に対し逆転の発想を持って立ち向かえる勇気こそ讃えられ、そういった男性のためにPCMAXは
あるのだと考えています。
 
非イケメンの男性の皆様の中で、こういった経験をお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか?
・学生時代(特に中学生までに)女性にモテていた同級生が大人になり、久々の再会を果たすと一気に嘗ての輝きを失っていた
・同上の同級生と久々の再会を果たすと、とても美人とは言えない女性と交際をしていた
 
この事実を深く検証した結果、私は1つの結論に辿り着きました。
「学生時代にモテてた男性は怠慢により努力を怠り女性は勝手に自分に寄ってくるものと誤解し取り返しがつかなくなった。」
いかがでしょうか?この現象が薄っすら現れ始めるのは成人式辺りを起点とし25歳辺りで顕著に現れ、30歳前後で
圧倒的な差として現れます。
 
非イケメンとして神から十字架を背負わされた男性は常に努力を惜しみません。イケメンが学生時代に女性に持て囃されている
間に懸命に女性に振り向いてもらうために努力を続けてきました。
それは身なりを清潔にすることであったり、自分に似合う服装を心掛けるような容姿面に配慮することでもあるでしょうし
女性を気持ち良くさせるような話術であったり、それを達成するための話題収集などのテクニック面であったりもします。
 
この努力は5年や10年で実るものではありません。もっと長い年月を経て熟成されてこそ、大きな力を発揮し、いつしか周囲が
驚くような結果に結びつきます。しかし、努力を続けた非イケメンにとってはそれは必然であり驚きもしません。
結果は徐々に付いてくるものですので自身でも実感がないからです。ふと後ろを振り返った時に多くの女性を抱いてきたのだ
と気付くものなのです。
この逆転の発想ができるか否かが、非イケメンが生き残る最後の手段であります。
 
【打ちのめされる勇気とその機会を与えるだけの土壌】
神から背負わされた十字架を引きずり下ろすには、女性からの残酷な仕打ちに対し正面切って踏み込む勇気が必要です。
もっと申し上げると打ちのめしてくれる女性が必要です。
勇気については、前途したように男性自身に委ねらており、いくつになっても非イケメンのままか非イケメンだが多くの女性を
抱いてきたかを分けるのは、ご自身次第です。
ここで重要なことは多くの試行錯誤の機会を与えてくれる土壌はPCMAXが用意してくれているということです。
この勇気を持つのは早ければ早いほど良いと言えますが、持たないよりはマシだとも言えます。
それよりも、せっかくの女性と出会える土壌を整えてくれているにも関わらず挑戦を恐れることが何よりも不幸です。
 
(まとめ)
PCMAXに限らず全ての事柄においてイケメンが有利であることは火を見るよりも明らかです。
これを引っ繰り返すには想像以上の努力が必要ですが、PCMAXはどんな男性に対しても平等に女性との接点を持つ機会を
与えてくれています。PCMAXを攻略できるか否かはイケメンか否かではありません。あなたの中に未だ眠ったままの勇気を
呼び起こすか否かなのです。

PCMAXで純愛はできるのか

今回は出会い系サイトの巨人PCMAXで、出会った女性と純愛はできるのか?という問題について考察いたします。

【手法は2つある】
本件においての、手法は大きく分けて3つあります。男性のスキルにより左右される要素が大きく、上級者向けのスキルを
いきなり初心者が使ったところで、無残にも女性に返り討ちに合ってしまうでしょう。
ご自身の現状に則した手法を選択すると同時に、スキル向上にも励みターゲットと出来る女性の幅を広げていただきたいと
思います。

【手法1】
まずは、初心者向けの手法について述べて参ります。これは「そもそも純愛を求めている女性を探し出す」という手法です。
PCMAXにはプロフィールからの検索機能が備えられており「割り切り」などの援助を連想させる出会いを求めている女性を
検索から外し探し出すことができます。
援助を求める女性は、純愛ではなく金銭を求めているのであり需要と供給にミスマッチングが起こってしまっては、男性は
無駄な労力を使うだけではなく精神的にも疲れ果て、2度と出会い系を利用しなくなってしまいます。


1点ポイントを挙げますと「メル友希望」にフォーカスすることは、効果的と言えます。
一先ずは会うつもりがない女性にターゲットを絞ると援助を求める女性を回避できる可能性が飛躍的に高まります。
懸念点としては長い時を要するということです。会うつもりがない女性とリアルに出会うということは、それなりに労力を
必要とする作業です。このため複数のメル友を作り、いずれかの女性の食い付きがあるまで待つ必要があります。
生け簀で多くの魚を育て、時が熟すのを待つというイメージです。
懸念点ばかりで恐縮なのですが、この手の女性は容姿に難がある女性が多いという点にも注意して下さい。
メル友を希望=会うと男性にガッカリさせてしまう。という女性心理があることも頭の片隅に置いておいて下さい。
このため、多くのメル友を確保しておきリスクヘッジをしていきましょう。

【手法2】
次に上級者向けのアプローチ手法となります。これは「援助希望の女性を純愛に落とし込む」という方法です。
高いテクニックが必要とされ、このテクニックは一朝一夕では身に付きませんので、相当な場数をこなしている男性にお勧めとなります。
懸念点というよりも、必須条件になってしまいますが、男性側に容姿の良さが問われます。
元も子もありませんが、人間の印象というのは、ファーストインプレッションで8割以上が、決まってしまうと言われます。


いきなり訪れる最難関事項をいかに乗り越えるかということですが、女性により男性の好みは様々です。どんなイケメンで
あっても女性のツボにはならなければ、これは達成されません。
ターゲット女性が求める最低限ラインに乗るためにも、清潔感ある服装や髪型を心掛けてる必要があると言えます。
また、手法1と同様ですが多くの女性にアプローチが必要になるということは変わりありませんが、何より援助希望の女性を
落とし込むということは大きな達成感を味合うことができます。

【第3の手法】
最後になりますが、私が実際に使っていた第3の手法です。これは、リスキーな一面もありますが、その意外性で、女性が援助ではなく恋愛対象としてみてくれるケースがあります。
それは、初めての出会いの時、お金は支払うが何も求めない。ということです。
よくホストが風俗嬢に使用している手法として都市伝説になっていますが、まさにそれです。
そして、この時に「私はあなたがタイプなので、いきなり体を求められない」とも畳み掛けて下さい。相当腹黒い女性で
なければ2回目援助ではないデートを、取り付けることができますし、お金を受け取らない女性も多いです。


この手法を成功へと後押しするポイントとしては「出会い系を頻繁に使っていない」という嘘を女性に伝える必要もあります。
見栄を張って多くの女性と遊んでいる空気感を出すと、誰にでも同じ手を使っていると見透かされてしまいます。
よって、場数を踏みつつも女性にそれを感じさせず、意外性を持って女性を落とし込むという手法になります。
上手く落とし込んだ時の達成感は上記2つの非ではりません。

(まとめ)
いかがでしたでしょうか?PCMAXを使って純愛相手をさがすということは
それなりの労力を使うことがお分かりいただけたと思いますが、これは出会い系でなくとも同じではないでしょうか?
PCMAXでギャルと出会う方法などを公開されているブログもある通り、PCMAXでは多くの女性を常に供給し続けてくれています。経験値を積むことが出来る場は整っていますので
是非ともお試しいただき、大きな達成感を味わっていただくと同時に、好みの女性を手に入れていただく際の参考にして
いただけると幸いです。

PCMAXという人生のインターンシップに身を投じることの重要性

今回はPCMAXは人生の縮図であり、そこに身を投じ自分自身の研鑽を積むということの重要性について論述させていただきます。
まず、インターンシップとは「学生に就業体験の機会を提供する制度。実際に企業に赴かせ、一定期間、職場体験をさせる。」
とありますが、ここでは学生だけにフォーカスするわけではありません。

【日本の教育システムの歪み】
日本の教育システムを非常に乱暴に申し上げると、学生時代は金銭を支払いながら「学び技術を習得する立場」から
就職すると突然逆転現象が起き、金銭を得ながら「学び技術を習得する立場」に切り替わります。
そして、これまでは教育機関のクライアントとして重宝されいた学生が、社会に出た途端に突然ベンダーとしての利益追求を
求められます。当然、これに日本の学生は戸惑います。理想と現実の乖離に突然晒されるということです。
正確に申し上げると、微温湯に浸かって思い描いていた理想は、生馬の目を抜く社会に出た途端、とても実現し難いもので
あったことに気付かされるということです。

この突然の逆転現象と理想と現実にどの程度、差異があるかを受け止める機会が余りにも少なすぎるとうことが日本教育システムの歪みでもあります。
欧米を持て囃すわけではありませんが、この隔たりを少なくするという作業は欧米では教育システムに根付いておりインターンシップ制度は100年以上の歴史があり、日本と比べ広く社会に浸透していると言えます。
このインターンシップ体験は大学生に実施されるだけでなく、身近な存在である親の職場見学が小学校で行われたり高校生は夏休みに「サマージョブ」と言われる職場体験ができる機会があります。

【歪みを正してくれる出会い系界の巨人】
前途したように突然突き付けられる理想と現実の乖離に戸惑い、心を病んでしまう若い労働層に出会い系界の巨人PCMAXは早期の段階で人生の縮図を教えてくれます。
容姿端麗な男性は多くの女性を手中に収めることに成功するでしょうし、美しい女性は男性へ高額な金銭を持ち掛けることができるでしょう。その限られた逸材から漏れてしまった多くの人材は自分なりの生き抜く術を見つけ、そして身に付けていかなければ、このPCMAXという厳しい階層社会で夢を追い求めることは困難となります。

【競争社会は既にグローバル化しているという事実】
いつまでも微温湯に浸かって現実を見ようとしない方々はお気付きになっていないかもしれませんが、日本は既に世界から「安い国」として買い叩かれています。名目GDPでは既に中国に2位の座を譲渡し、その差はダブルスコアを食らっている始末です。

さらに1人辺りの名目GDPは世界26位という結果です。
豊かな国、日本は既に終わっていると言っても良いでしょう。
戦わなければ、つまり競争世界に改めて飛び込まなければ、この順位は下落の一途を辿るでしょう。具体的には東南アジアの台頭は著しく、西アジアでも原油や天然ガスを中心とした豊富な資源を元に、既に発展しています。
先々ですが、アフリカでは人口ボーナスを元に豊かになりつつある国もあります。
全て、日本人が知らないだけなのです。

【襟元を正すために】
戦後の焼け野原から、世界の名目GDPを世界2位まで登り詰めた大和民族は非常に優秀であると言えます。潜在能力は高いにも関わらずいつまでも潜在させているのです。競争することを止めてしまい世界情勢に目を向けず「我々は豊かだ」と主張しているのです。
もう1度、世界を震撼させるほどの発展を遂げた日本を取り戻すには襟元を正し、現状自分が置かれている現状に目を向ける
必要があります。改めて申し上げますが、この縮図がPCMAXの中にはあります。
強い男性が多くの女性を抱き、美しい女性が富を得ることができる。そういった連中に打ち勝つためにはご自身をアピールするだけのアドバンテージを研ぎ澄ます必要があります。

(まとめ)
明日、明後日に日本が沈むということは絶対にありません。しかしながら、そう遠くない未来に必ず訪れる日本の陳腐化を防ぐためにも競争することの大切さを思い出していただきたいと思います。
たかが出会い系と高を括るのではなく、多くの競争相手の男性を提供し、自分を値踏みしてくれる多くの女性を供給してくれているPCMAXこそ、歪んだ日本の教育システムでは教えてくれない競争心を教えてくれるインターンシップの場ではないでしょうか。

就活で勝ち残るにはPCMAXをやれ

今回は大卒性の就職環境の改善を受けて、大企業への就職希望者数が増加しております。

これにより、ますます大企業への就職が厳しさの様相を増す中、就職活動で勝利を掴み取るにはPCMAXを潜り抜けることが有効であることについて論述して参ります。

【現在の大卒性の就職活動状況】
・大卒性の有効求人倍率
2015年:求人倍率1.61倍
2016年:求人倍率1.73倍
2017年:求人倍率1.74倍

高い水準が続き、さらに上昇傾向がある。
・大卒性の就職活動開始時期

(2015年卒の場合)
エントリー&企業説明会:3年生の12月〜3月
選考&内定:4年生の4月〜8月

(2016年卒の場合)
エントリー&企業説明会:3年生の3月〜4年生7月
選考&内定:4年生の8月〜9月

(2017年卒の場合)
エントリー&企業説明会:3年生の3月〜4年生の5月
選考&内定:4年生の6月〜9月

【この状況から何を読み取るか】
エントリー&企業説明会短くなり、選考期間が2ヶ月前倒しとなり、一見選考期間が長期化してはおり大卒生にとっては有利に働いていると言えます。しかしながら、大卒生の多くが目指している大手と言われる企業は、選考期間直後に選考が開始されあっという間に選考が終了してしまっています。

有効求人倍率が上昇し維持し続けていることで大企業を目指している大卒生が増加している上に、選考期間が短縮されたことで準備不足により本来のターゲットに向けた「本当のあなた」をアプローチができないということになります。

さらに申し上げると大企業の選考期間短縮により希望している企業へのアプローチさえ許されないということになります。

【スピードと面接力】
上記から現在の就職活動においては「適切な情報を適切な時期に収集し的確に面接官に訴えかける」という力が必要になります。これは、有効求人倍率が低かった就職氷河期と言われる時期においても同様のことが言えたことですが当時は、エントリー&企業説明会の開始時期に制限は設けられておりませんでしたので、やる気にさえなれば就活はいつでも開始できた優位性がありますが、現在はこれらの開始時期に制限が課せられているため、適切な時期にしっかりとした情報収集が必要になります。さらに、短期間に多くの企業へアプローチが必要になるため、当時よりもスピード力が求められると言えます。

【結局はこの男に抱かれて良いと思わせる力こそがモノを言うという事実】
いくら適切な情報を収集したところで、就活生に魅力がなければ企業側は採用してくれません。
学生時代にどんな素晴らしい活動を行っていたとしても、それを魅力的に伝える力がなければ就職を勝ち取ることはできません。
逆の言い方をすると、さほど魅力のない活動であったとしても、伝え方1つで相手の印象を上げることができるということです。

突き詰めていくと自分を企業い売り込み、是非自分をもらってください!という、どこかで聞いたようなアプローチになるのです。
そうです。PCMAXで日常的に行われている女性へのアプローチです。多くの女性が書き込みを行っている掲示板は求人広告です。
そして、そこにメッセージを送信するのはエントリーです。さらに女性と出会うことは面接なのです。

ようやく面接まで辿り着き「この男なら抱かれても良い」という契約を結ぶことと同義ではないでしょうか?
ここで最も重要な要素は、やはり最終的な「面接」だと言えます。PCMAXで出会った女1人抱けない男が希望先に就職したい
だなんて、甚だ滑稽に見えます。

【結局は転職するという事実】
そして、PCMAXで培った面接力を活かし希望の就職先に勤務したとしても理想と現実に大きな隔たりがあり、結局は転職をします。
転職が悪いことではありません。嫌な仕事はすべきではありません。同じ女を抱いていると飽きるものです。
この転職活動を行うにしても、同様にPCMAXで培ったノウハウが活かされ希望の就職先への道標になるのではないでしょうか。

(まとめ)
前途しましたが「PCMAXで出会った女1人抱けない男」が志望企業へのアピールができるとは到底思えません。また、就職後に
職場内での円滑な人間関係や営業マンとして成績を上げ続けることができるはずがありません。
正面切って企業のドアをノックしようとする勇気ある学生はいないものか。と残念に思います。
就職するということだけが目的なのであれば、小手先だけのテクニックでも構いません。
しかし、ご自身の飽くなき欲望に素直に生き、常に真実を追い求める姿こそが、今の日本に必要な人材であると考えます。
是非とも就活生は日本最大の求人広告を有するPCMAXでご自身のアピール力を上げてから面接に臨むことをお勧めいたします。

OJTはPCMAXでも有効であるということ

まず、OJTとは「On-the-Job Training」の略であり職場内で行われる実務を通じたトレーニングであります。
つまりトレーニングであり、本番ではありません。上司や先輩社員が横について事務作業や得意先への訪問に付いて手取り足取り教えてくれるというものです。

サラリーマンとして会社に所属した経験のある方であれば一度はお聞きになったことがあるOJTですが今回はPCMAX初心者には、このOJTも必要であるということについて論述して参ります。

【OJTの必要性】
企業で勤務しているサラリーマンでさえ、OJTが実施され実務を経験者から学んでいます。
これは下記の2つの側面があります。
・未経験者の取り返しがつかない失敗により取引先や社内に多大な迷惑を掛けけることを未然に防ぐ側面。
・未経験者を1人前に育て企業に収益をもたらすことができる人材に育成するという先行投資の側面。
ここではOJTの必要性について述べましたがPCMAXではどのような形態でOJTが実施できるのでしょうか?

【出会い方は1対1でなくとも良いという事実】
初心者が陥りがちな決定的な落とし穴ですが、PCMAXを利用する際に1対1で出会わなければいけないと思い込んでいます。
これは、初心者自身のスキル向上と独自の手法構築という側面から見ると有効な方法ではありますが、荒療治的な危険性を持っており、突然現れる本番に備える準備ができていないまま、手ブラで戦場に飛び込むようなものであります。

本番とは、自分の好みの女性が現れたことを指し、どうしても落としたい女性を易々と逃してしまうことです。
これを防ぐためには一定の経験、つまりOJTを積んで戦場へ向かう必要があり、このOJTを行うためには先人の知恵を必要とします。


 

つまり、既にPCMAXの経験者である友人・知人、果ては同僚でも結構ですので、出会いの場に同行させてもらいファーストインプレッションの受け答えや、SEXへのクロージングテクニックを肌で体感するということです。
これを実現するには、経験者に実った稲穂のように頭を垂れ合コン形式のような形で2対2などで出会いの場をセッティングしてもらうということになります。

【PCMAX経験者が得られる効用】
上記ではPCMAX未経験者からの側面で先人の知恵を得る必要があることを述べて参りましたが、経験者側がOJTを実施するにあたり得られる効用について述べて参ります。
・複数で出会いの場をセッティングできるということ
これは、出会い系を利用している女性が抱えている「1人で知らない男性に会うのはちょっと」という抵抗感を引き下げる効用があります。これまで、1人で会うことに抵抗感のなかった女性にしかリーチできなかったPCMAX経験者男性にとっても新たな女性へのリーチを可能にすることで出会い系の新たな境地を切り開くことができます。
・未経験者が初心者としてPCMAXに登録する際の紹介者になれるということ
出会いの場をセッティングし、導入部分からクロージングまで見せることで未経験者は必ず女性との出会いを求めるようになります。つまり経験者から学んだことを1人で実践するようになります。当初は全て経験者の模倣となることが予想されますので、利用しているツールも同じものを使用することになります。

つまり、PCMAXを利用するということになり経験者は未経験者を紹介するということで紹介料が付与されます。
この紹介料を求め巷では迷惑なサクラが出会い系サイト内を跋扈しているのでありますが、合法な形でサクラを行うことができます。PCMAX、紹介者、被紹介者全てにおいて利害関係が一致した「三方良し」という状態です。

【未経験者が育った後には】
これは少し先々の話になりますが、経験者が育てた未経験者がPCMAX内で出会い系サイトを渡り歩くノウハウを身につけると情報交換ができるようになります。経験者とは言え地雷女性や援デリ業者を掴んでしまうこともあるでしょう。
3人寄れば文殊の知恵とはよく言ったもので、1人でPCMAXを利用するよりも自分の育てた男性が得た情報を共有することができれば、より効率よく女性と出会えるようになります。
ただし、穴兄弟になってしまう可能性があるという危険性があることもご承知おきください。

(まとめ)
企業で行われてるOJTとは強ち間違ったシステムではありません。PCMAXを利用し女性と出会えるようになってくると自らが構築したノウハウは他人と共有したくなくなってくるものです。しかしながら後進を育成することで、危険性の高い女性を避け効率的に女性と出会えるということに繋がるでしょう。

未経験者は是非、諸先輩方に教えを請い、経験者は未経験者へご自身のノウハウを伝承していってください。

PCMAXに潜む闇から見る日本復興への道

どの出会い系サイトにも言えることですが、登録している女性の中には必ずと言って良いほど援助を求めてくる女性がいます。

日本最大級の登録者数を誇るPCMAXでも確率論的に多くの援助を求める女性が登録していると言えます。
これはサイト運営業者に責任があるのではなく、援助を求め暗躍している女性に責任があることを前以て述べておきます。

日本国において売春行為は違法でありますが、一部ソープランドなどは入浴行為の補助をしてもらっているだけであり浴室中での行為は自由恋愛であるということであり、グレーゾーンとは言え法律に抵触しているとは言えません。
しかしながら、出会い系サイトで援助を求める魑魅魍魎たちは違法であります。

【国が管理できない収入】
ここで問題となるのが税金の問題です。
風俗関係にお勤めの皆様はこれまで無収入で申請されていた方も多いかと思いますが、マイナンバー制度開始により何らかの支障を来してきている可能性があります。国が規制を強めたことで税金逃れのために、これまでのグレーゾーンが
さらにアンダーグランドに潜ってしまい、より管理できない収入が増える可能性が懸念されます。

私の推察が含まれていることが大前提で、風俗関係にお勤めの皆様が全員そうだ。とは申し上げられませんが一部税金を逃れるため、収入源の一部を出会い系サイトでの売春行為に切り替えてくる方がいることも推察されます。

【地上へ引き上げること】
これは、国が管理する財源を税金として搾取するという本来の目的を達成できないどころか、風俗関係に従事している方々にも打撃を与えてしまう可能性も秘めています。これまでお店で勤務されていた嬢が、出会い系サイトへシフトしてしまっては貴重な人材の流出に繋がってしまい延いては風俗関係のお店の財源確保にも苦慮してしまうということに繋がります。

さらには競争激化により止むを得ずお客様へ法外な料金を請求してしまう。ということにも成り兼ねません。
国、風俗関係従事の方々、お客様、3者全ての観点から良い方向には進まない。という結論に至ってしまいます。
これを防ぐためには、売春行為を地上に引き上げ国が管理し、一部欧州国家で行われている「SEX税」として搾取するという
方法が必要となります。
事実、オランダ、ドイツ、ハンガリーでは売春婦は職業として認められ、失業手当も支給されているようです。

【出会い系サイトのリーディングカンパニーだからこそできること】
このように税金から逃れるために違法行為とは言え、止むを得ず出会い系サイトで援助を求める女性達にも一言では表し難い事情があるかもしれません。
これを汲み、取り地上に引き上げることで性を仕事にしている女性の地位向上に繋げることはできないでしょうか。

昨今はやりのクラウドサービスのように、女性と男性を結びつけサービスが行われた場合にサービス料を女性へ支払うというシステムが実現すれば源泉徴収税額がガラス張りとなると考えられます。

国家の政策転換が必要な内容が含まれてはおりますが、国家としても税金搾取を可能とし、男女の出会いを長らく支え続けてきたPCMAXだからこそ実現できるノウハウがあると考えております。

(まとめ)
売春行為は違法であり男性は女性を買ってはいけません。しかし、そこに眠る闇を白昼の元に晒すことで見えてくる財源もあるのと考えております。もし、日本国で売春が合法化された際は、PCMAXがこれまでのノウハウを駆使し一層盤石な地位を築いていくことになるのではないでしょうか。

PCMAXで大和魂を世界に見せつける

今回は2020年東京オリンピックに向けての大量の外国人が流入してくることに先駆けて、PCMAXを利用し日本人男性が元来持ち合わせている大和魂を世界に見せつけるチャンスが到来していることを論述し、そして日本人男性が立ち上がる時であることを述べさせていただきます。

【結果的には確率論】
PCMAXという巨大な出会い系サイトを使って女性と出会うためには「結果的にはは確率論」ということになります。
小手先のテクニックをいくら磨いたところで下記の2点に勝るものはありません。
・どれだけ多くバッターボックスに立つか
・どれだけ多くバットを振るか
女性に出会えない、もしくは出会ってもうまくいかないと、嘆いてらっしゃる男性がいらっしゃるようであれば今一度申し上げたのいのは登録女性全体の何%にアプローチしたのか?ということです。
多くの女性にリーチするという飽くなき探究心こそが女性との出会いに繋がり、ひいては先々のSEXに通じるのではないでしょうか?

【リーチするのは日本人女性だけか】
冒頭部分で申し上げましたが、今日本は世界中から注目を集めています。2020年東京オリンピック効果もありますが日本特有の文化であるアニメを中心に「かわいい」が世界共通語になりつつあります。
日本を訪れる外国人は2011年を底とし毎年増え続けています。2015年末で1700万人を超え、2016年末で2000万人を
超える外国人が日本に訪れています。2020年には4000万人へ倍増すると予想しているデータもあります。

これを元にすると、日本人男性との出会いを求める外国人女性も増える可能性があり、単純に4000万人の流入人口の半分が女性だと考えると2000万人のアプローチ対象が増加するということになります。
年齢層などを考慮し、2000万人中6〜7割がターゲットゾーゾンに入ると考えても、1200万人〜1400万人の分母が増加するということになります。これは東京都民分の人口に相当します。

ただし、2020年東京オリンピック以降の外国人の訪日状況を予測している信ぴょう性のあるデータは、今のところ確認
されておりません。これを踏まえると来る2020年は近年稀に見るビッグチャンスと言っても過言ではありません。
日本人男性は、外国人女性との出会いに備え今から研鑽を積んでおく必要があるのではないでしょうか?

【世界から見た日本人男性】
諸説ありますが、一般的に日本人女性は世界の男性から見て魅力的であるにも関わらず、日本人男性の印象は芳しいものではありません。もちろん一部親日国家や、その他新興国女性が日本人男性の勤勉性、経済力を求め触手を伸ばしてくる事実もありますが、男としてのフェロモンを嗅ぎつけて擦り寄ってきている言えるケースは少ないと言えるでしょう

こう聞いて日本人男性はいかがでしょうか?私は悔しいです。
外国人女性の流入が大幅に拡大し、魅力的な外国人女性が巷を跋扈するのを指を咥え眺めるだけで良いのでしょうか?
無理かもしれません。剣もほろろに返り討ちに合ってしますかもしれませんが、ここで今一度忘れかけていた、かつての大和魂を取り戻し、外国人女性を震撼させてやろうではありませんか?
前途しましたように女性との出会いは結果的に確率論です。
メジャーリーグで活躍している超一流の日本人外野手が常にバッターボックスで苦悩しながらも多くのヒットを量産している姿を見ると、同じ日本人として外国人女性からのリスペクトを勝ち取るために立ち上がる必要があると感じております。

【出会い系の巨人だからこそできること】
ここでは、PCMAXへの私からの切望になってしまうのですが、現在の女性検索機能はあくまでも日本人女性を検索するものに留まっています。検索ワード部分に出身国を入力することで外国人女性を探し出すことは可能ですが、期間限定でも構いませんので外国人女性と日本人男性を結びつけるようなツールを組み込んでいただきたく思います。
言語的な障壁はGoogle翻訳の革新的な進歩により以前よりも飛躍的に下がってきてもおります。
我々日本人男性が外国人女性に一矢報いるチャンスを与えていただけると大変嬉しく思います。

(まとめ)
優秀な大和民族である我々日本人男性の魅力が世界的に見て、未だ正当な評価を得られてないことは非常に嘆かわしい事実であります。
これは日本人男性の怠慢な部分もあるかもしれませんが、今こそ立ち上がりPCMAXとともに世界に立ち向かう時だと考えております。

遠洋漁業に見るPCMAXの活用方法

遠洋漁業とは、その名の通り近海ではなく多くの魚が群雄割拠している漁場へ繰り出すということです。

数日間で帰港できることもありますが、時には漁が数ヶ月に及ぶこともあます。
大海原であるからこその危険も伴う場合もありますが、そのリスクを取るからこそ得られるリターンも大きいものです。
今回は、出張や旅行などを、この遠洋漁業に見立て、事前にPCMAXで一種の「撒き餌」を行っておくことで大海原での大漁について論述して参りたいと思います。また漁場の見極め方についても、それぞれのエビデンスを元に考察して参ります。

まず、どこの港から出港するかによって、それぞれの考察が変わってきますので、今回は「東京」と「その他都市」を旗艦港として分類し考察して参ります。

【東京という港から出航する場合】
この場合、次の2点が考えられます。
・政令指定都市などの中核都市へ漁場を求める場合
この場合、一定の人口を抱える漁場であるため、確率論が適用されます。投網を掛け多くの魚の中から引き上げるような
漁が有効であると考えられます。ただ1点、関西圏のある大都市にはこれは通用しない場合が多いです。

土着志向が強く、特に東京への嫌悪感があります。その都市では同一都市ないで女性が回遊魚のように巡り巡っているケースが多く、東京からの巨大船を黒船として敵視するケースが高いです。
また関東圏の標準語に対し嫌悪感を示すケースが多いためお勧めできない漁場と言えます。

逆に北の大地と言われる大都市に関しては、許容範囲が広く様々なものを受け入れる土壌があり漁場としては狙い目であると
言えます。これは明治維新後の開拓地であり開拓民としての良い意味での股の緩さからくるものと推察されます。

・政令指定都市以外に漁場を求める場合
この場合は、確率論が適用されません。そもそもの分母が小さいことから一本釣りのような漁になります。魚群探知機は用を成しません。

この場合、その土地を練り歩き常に新しい男性を求めている主のような女性を狙うことをお勧めします。これは掲示板を確認すればすぐにわかります。同じ内容の出会いを求めるコメントが時間を変え何度も投稿されています。人口が少ないため同一人物が何度も繰り返しているコピーペーストが目立ってしまうという現象であり、一通りその土地の男性は抱いており主を避けながらの活動となっているため、主は一本釣りどころか撒き餌の時点で喰い付いてくれることでしょう。
また、江戸時代に唯一海外との貿易を許されていた港町を有する県などは、この経緯からか新しいものを受け入れる土壌が整っているようで股も緩い傾向があるようです。

(まとめ)
東京を出港し各地方都市へ出港した際、その土地に応じた漁の方法があることをご理解いただけたものと思います。
時代背景などから考察すると、都市の規模としては、さほど大きくないにも関わらず思いも寄らず大漁旗を掲げることが
できる都市もあります。

【その他地方都市という港から出航する場合】
この場合も2点ありますが、ほとんどのケースにおいて東京への遠洋漁業一択とお考えいただき間違いありません。

・東京へ漁場を求める場合
東京は多くの人口を有しているため、投網による漁が実現可能であり非常に費用対効果が高いです。さらに、東京は田舎者の集まりです。上手くいくと同郷の出身女性などに当たることができれば大漁への確率は飛躍的に上がり、女性の帰省時にリピーターとしてシャケのように、また戻ってきてくれることも期待できます。

・政令都市を含むその他の都市へ漁場を求める場合
この場合、上記のような確率論が適用される都市であれば投網漁が実行できるのですが、東京ほどの人口を抱えていないため費用対効果は薄れてしまいます。
逆に前途したような「北の開拓地」や「江戸時代に唯一海外との貿易を許されていた港町」に的を絞った方が効果的であると言えます。

(まとめ)
東京以外の都市を旗艦港とし遠洋漁業に出港する場合は、やはり東京での漁を行うことが非常に有効となります。
また、前途した関西圏の土着志向の強い、とある大都市に関して申し上げると東京でのウケは良くないと推察できます。
これは両都市館でのパーソナルエリアの広さの違いが影響していると言え、東京の女性の方がパーソナルエリアが広く土足で上がり込まれているような印象を受けてしまうことで発生するミスマッチングだと考えられます。

(総括)
遠洋漁業では、これまで全く接することのなかった女性と出会えることができる素晴らしい出会いの機会だと言えます。
日本有数の登録者を抱えるPCMAXだからこそ実現できる遠洋漁業ですので、ぜひ出張や旅行の予定がある際は事前にしっかりとした撒き餌を行っておくことをお勧めします。
男である限りキャバクラや風俗で金銭を支払うことになるので、その軍資金をPCMAXへ課金してみても良いのではないでしょうか。

出会い系サイトの巨人PCMAXの地位は揺るがない

今回は出会い系サイト界の巨人PCMAXが常に王座に君臨し続ける理由について考察して参ります。

【運営母体の健全性】
ご存知な方も多いかもしれませんが、PCMAXの運営母体企業は全国展開しているテレホンクラブであるリンリンハウスと同一企業なのであります。
資本力が大きく、安定的な収益を上げている企業が業界の中でリーディングカンパニーになることは、どの世界でも共通です。
この運営母体がガラス張りで透明性があるということは利用者にとっても、安心して利用できるポイントとなります。

【持っているノウハウの高さ】
前途しましたようにPCMAXの運営母体はリンリンハウスも運営しております。
出会い系サイトが世に出るよりも、随分と以前から男女の出会いを繋いできた。ということです。
かつての、テレホンクラブと言いますのは、女性からの電話はカウンターを通さず直接利用者の男性に繋がっていました。
これは、現在の、システムよりも多くのトラブルを生んだことと思います。
この、テレホンクラブ時代に蓄積されてきたノウハウが出会いサイトの運営にも活かされており、男女の出会いはトラブルが起こってから対処するのではなく、トラブルを未然に防ぎ、双方の自由恋愛を促しているシステムにも注目できます。

【女性誌への掲載率の高さ】
優良出会い系サイトの指標となる広告掲載の高さについてですが、PCMAXは女性誌への掲載が圧倒的に多いです。
男性誌に掲載しても、男性は自然と集まるものです。大切なのは、いかに男性が満足するだけの多くの女性を集めることができるかに比重を置いているかです。
そして、女性誌に掲載を許される。という側面から見てもPCMAXがいかに真っ当な出会い系サイトが伺い知れます。

【WEBサイト・スマホアプリへの対応】
初心者から上級者まで幅広い利用者を捉えて離さないPCMAXの強みは、いち早くWEBサイトで出会い系サイトを立ち上げそしてSEO検索がスマホでの検索に切り替わる随分と以前からスマホサイトの構築にも力を入れていました。
そしてスマホが普及し始めると、スマホアプリにも力を入れ、それぞれ全てのツールを補完を可能にしたことで、WEBサイトのみ、逆にアプリのみの出会い系サイトには実現できないリーチの広さを実現しているのであります。
今とのなっては当然のことですが、スマホが普及し始めた時、誰もこんな携帯は使わないと考えていたと思います。
常に時代の先を見据え、先行投資を辞めない姿勢がPCMAXの優位性を強固なものにしていると言えます。

(まとめ)
後発の出会い系サイトは数多ありますが、やはりPCMAXの盤石さは揺るぎません。
初心者が出会い系をつかうのであれば、まずPCMAXと言われるのも頷けます。
単純に男女に出会いの場を提供するだけであれば、他の競合他社に追い越されていたかもしれません。
生き馬の目を抜くような出会い系サイト業界で常にトップを走り続けるPCMAXの先見の明こそ、他の業界で競合と凌ぎを
削っている企業が学ぶべき視点があるのではないでしょうか?今後もPCMAXを脅かす出会い系サイトは現れないことでしょう。

上級者必見PCMAXを使っている女性を無料で釣り上げる荒技※お取り扱い注意※

今回は、あくまでも上級者にのみお届けできるPCMAXを使っている女性を無料で釣り上げる荒技をお話しいたします。

【PCMAXのスマホアプリ画面を頭に叩き込む】
まず、PCMAXのスマホアプリ画面を頭に叩き込んでください。特徴となる鮮やかな水色を主体としたボタンが多いですので配色でどこのページを遷移しているかまでを頭に入れておかないとこの手法は成功しません。

【繁華街や人混みの中で立ち止まっている女性を探す】
そして雑踏の中で人を待っている女性をターゲットとして下さい。渋谷や新宿、池袋など人通りがとにかく多いところで立ち止まっている女性は多いですが、この中にPCMAXで男性との待ち合わせをしている女性は必ずいます。
そして、目線の特徴ですが人混みとスマホを頻繁に行き来しています。友人との待ち合わせなどでLINEを確認している女性もいますが、これと誤認しないためにも、女性の表情に緊張感がないかなどを確認して下さい。

【自然を装う技が必要】
これらに当てはまる女性にターゲットを絞ると、電話で話しながらのフリで結構ですので女性の背後に回り込み女性の見ているスマホ画面を覗き込んでみてください。これでPCMAXのメッセージ画面であれば迷うことなく声を掛けてみましょう。

・手法1:待ち合わせの男性を装う
メッセージ画面には名前の記載がありますので、万一女性の名前や男性の名前が見えれば幸運です。男性の名前を拝借して
しまいましょう。もちろん女性の名前もです。
しなしながら、一瞬でそこまでは確認できないでしょうしスマホの画面の大きさによっては、とても見えない場合は次の
手法を使ってみましょう。

・手法2:PCMAXで出会う約束をしていたが女性にドタキャンされたと装う
ターゲットの女性はPCMAXを利用し男性と出会うこと約束をしていることは間違いありません。よってこのケースにおいてあなたは同じ穴のムジナであることを装うことで近づいてみてください。女性に掛ける言葉としては
「すいません。PCMAXで会う約束してたんですけど、すっぽかされてしまって。さっきチラッとスマホ画面が見えた時PCMAX使っているのが見えたので(笑)もし、空いてたらお茶でもしませんか?」くらいで大丈夫です。
女性は未だ容姿の確認できない男性よりも上級者であるあなたを選択するケースが高いと言えます。

・手法3:ハイエナに徹する
巷に目をやると、あちらこちらで出会い系サイトを使って出会ったばかりであろう男女の「初めまして。◯◯さんですが?」
という言葉が聞かれます。そして、ファーストインプレッションに敗れ無残にも女性から「違います」と、その場に放置している男性を多く見ることができます。
ここで待ち合わせ場所から立ち去った女性にこそ勝機があります。この後の予定が空いていることは確実なのです。
また、ハイエナの嗅覚が研ぎ澄まされてくると、女性は本来の待ち合わせ場所よりも少し離れたところで男性が来る事を待ち伏せしていることがわかります。そして待ち合わせ場所に現れた男性の容姿を近くから確認し、その場を立ち去ります。
女性は男性に服装の特徴を伝えていることが多いため、異常なほどに素早く立ち去ります。
この女性にもアプローチしてみましょう。

(まとめ)
長々とご説明申し上げてきましたが、結果的にはナンパです。それも出会い系サイトを使っている女性を横取り、もしくは成立しなかったお零れをしようとする一見最低にも見える行為です。
しかし、これは容姿も含め一定ラインをクリアした上級者男性にのみ実行可能な技なのであります。
もちろん、他の出会い系サイトでも実行可能ですが登録者数の多いPCMAXだからこそ実現できる荒技ですのでナンパにも慣れています。という男性がいらっしゃれば是非お試しください。